なすからってどんなとこ?

なすから自慢

なすからの「さくら」龍門の滝烏山城滝の「太平寺」大金の「吊橋」「関東の嵐山」!?落石の紅葉と雪景色
市英会話教室「なすから英語塾」|なすから方言講座|名産品

なすから方言講座

 
「なすから」の方言知ってっけ?

 那須烏山市は、通称「八溝地域」に属する地方です。昔から、独特の「言葉のなまり」や「尻上がりの語尾」など、多くの方言があり、本市を訪れる方の中には、「何をしゃべっているか分からない」と言う方もいるかもしれません。ここでは、そんな「なすからの方言」の一部をご紹介します。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行わ行

あ行
方言 意味 方言 意味
あさっぱら 朝方 あさま 朝のうち
あしっこ 足跡 あったらもの 惜しいこと
あっちさこっちさ あちらこちら あづっこい 厚い
あとっちゃり 後退り あなっこ
あなめど あまごや 倉庫
あまや 納屋 あんたげ あなたの家
あんべわるい 具合が悪い いいあんべ ちょうどよい
いいかんべ いい加減 いかんべ(いがんべ) いいだろう
いがい 大きい いきゃーす 行きます
いしこい(いしけい) 粗悪・悪い いたっぱじ(いたっぱち) 小さな板
いってすける(いってつける) 一緒に行く いでる 凍る
いぶい 煙たい いまっと もっと
うそこく(うそこけ) 嘘を言う、嘘を言うな うっちゃる 捨てる
うめえ(うんめい・うんまい) おいしい うんと たくさん
ええ 良い えかんべ(えがんべ) いいだろう
えしけぇ 粗悪、悪い おおがん 道路
おゆはん 夕食 おおがんまわし 洪水(冠水により河川が氾濫しそうなさま)
おがげなせ(おがげなんしょ) 座ってください・お座りください おがめぇはりやすんな おかまいなく
おごれ(おこれ) ください・ちょうだい おごわ 赤飯
おしゃんこ 正座(一般的には座ること) おそっこわい 疲れる・面倒
おっかく(おっがく) 折る・壊す おっかねぇ(おっがねぇ) 恐ろしい
おっこちる(おっこじる) 落ちる・落とす おったまげる びっくりする
おっちめる 押す おっちょる 折る
おっぴたす 水につける おっぴろげる 広げる
おばんがた こんばんは おまんま ご飯・めし
おらげ(おらんち) 自分の家 おんだす 追い出す・押し出す
おんつぁれる 叱られる おまんま ご飯・めし
か行
方言 意味 方言 意味
かぎまし 炊事 かけっこ 競争(走る)
かっくらす 殴る かっちゃがむ 座る
かっつぁく ひっかく かっぱぐ 剥ぐ
かっぺずる ひっかく かっぺなす けなす
かっぽる 捨てる かつける (責任を)なすりつける
かわっぺり 川岸 かわらっぽ
がんがら かんます かきまわす
きかんぼ 乱暴者 きっぱじ 小さな木の枝
きどころね うたたね きれっぱし 布切れ
くさっぽ くちはび マムシ(蛇)
くっちゃべる おしゃべりする くっつく 噛みつく
くらぁねぇ 大丈夫・何ともない ぐるわ 周囲
くれろ ください(おごれより命令形) けぇる カエル
げんさんぼ とんぼ こうご(おこうご) 漬物
こじはん おやつ ごじゃっぺ でたらめ、いい加減
こずく 軽く叩く こそっぱい 質が粗い
ごっこと(ごっごと) さっさと こでっちり(こみっちり) たくさん
こでらんねぇ こんな良いことはない こねくる(こねぐる) いじりまわす
こわい 疲れる ごんど ごみ
こんまがる まえにかがむ    
さ行
方言 意味 方言 意味
さがんぼ(しゃがんぼ) つらら ささらほさら まとまりがなく、だめにする
さぶろ シャベル、スコップ されかまね かまわない
さんざっぱら 十分、さんざん しこる 格好つける
しっちばる 縛る しりっぺた 先端・端の方
じなる 怒鳴る しめぇ 終わり・最後
しゃある 退く しゃくご ものさし
しゃじ さじ・スプーン じゃっちゃかぶり 大雨
じゃんがら 馬鈴薯 しょう 背負う
しょっぺい 塩辛い しょうがあんめ(しゃあながんべ) 仕方がない(だろう)
すく 敷く(布団を敷くなど) すっかい(すっけぇ) すっぱい
すみっこ ずずねぇ 気持ちが悪い・具合が悪い
せいふろ お風呂 せいる 仲間に入れる
そばえる 甘える    
た行
方言 意味 方言 意味
たけつっぽ(たかすっぽ) 竹筒 だいじ 大丈夫・平気
ちく うそ ちくらっぽ 嘘をつく
ちちっぺら 土塊 ちっちめ
ちめてぇ(ちゃっこい) 冷たい ちゃある 捨てる
ちっけい(ちっこい) 小さい ちゃっぽ 帽子
ちゃぶす 潰す ちょうずば トイレ
ちょごっと ほんの少し ちょっくら ちょっと
ちょっぴた 丁度・ぴったり ちんちめ すずめ
つっかけ サンダル つっぺる 水の中に落ちる
つんだす 差し出す つんのめる 前に倒れる
つんむぐる 潜る でいじぐさま 大神宮様
てぇら 人たち てぬげ(てのごい) 手拭
でほらく 冗談 でれすけ ばか者
でんぐる とうど いつも、しょっちゅう
とうみぎ とうもろこし とっとめ
とっぽい 生意気 どどめいろ 青紫色(唇が青紫色になっている状態の時使う)
とばくち(とばぐち) 入口 とぼ(とんぼ) 戸()
な行
方言 意味 方言 意味
なす 産む(卵を産むこと) なめっけい なめらか
なんちゃねぇ 簡単だ なんぼにも なんとしても
ねじくれる すねる ねっころがる ねる・横になる
ねごんぼ(ねごんご) 寝ている子、よく寝る子 のがっぽい 喉や肌がいがらっぽいこと
のっける のせる のっぺり(のっぺら) なめらか、たいら
のめる 埋まる、沈む    
は行
方言 意味 方言 意味
はしっぺ 末端 ぱっかた 固い
ばっちい 汚い はねっこ いなご
びしゃくれる 脅かす ひっくりげっちょ 裏返し
ひっこぎる くじく ひっぱたく 張り倒す
ひっぺがす 剥がす ひでなし 価値がない
ひゃっけい(ひゃっこい) 冷たい ひゃあもしない(ひゃもしない) 全く価値がない
ひょおげる ふざける ひょごる 勢いよく飛ぶ
びりっけつ(びりっかす) 一番最後 ひんまげる 折り曲げる
ぶくっちょ 不器用 しょったかり(ぶしょってい) 無精である
ぶちかる 座る ぶっける 倒れる
ぶっつぁく(ぶっざく) 割る ぶっつぁける(ぶっざげる) 破れる
ふったける 火を付ける、物事を煽る ぶっちゃす 壊す、潰す
ぶっちょる 折る ぶっとうし 連続して
ぶっちらかす(ぶっぴろげる) 散らかし広げる ふんごむ 入る、足を入れる
ふんじゃす(ふんずぶす) 踏み潰す ふんぬき 釘などを踏む、踏んでケガをする
ぶんぬき そっくり へたっかす(へだっかす) 不器用、上手にできないさま
へっぺがす 剥がす へんまげる 折り曲げる
ほうげえ(ほうげ) そうですか、そうかい? ほうろかす 揺り動かす
ぼさっこ ほじくる 掘る
ほそっこ ぼっこす 壊す
ぼっこれ 壊れたもの ほったらこと そんなこと
ぼっとすっと ひょっとすると ほっぺた
ほっつく ぶらぶら歩く ほりっこ 小堀
ま行
方言 意味 方言 意味
まじっぺ まぶしい まぜろや 仲間に入れてくれ(命令形)
まどろっこい(まどろっこし) 動作が鈍い むぐれる すねる、へそを曲げる
むこうさ むこうへ むそい 長持ちする
むぐる 漏れる めど 孔、穴
めなし あかぎれ もがり 生垣
もそい 長持ち もっさり 繁っている
や行
方言 意味 方言 意味
やまがじ やまかがし やまっき 野良着
やれや ○○しなさい、物をあげなさい やんながんべ(やんねべ) ○○することはやめよう
ゆうぐし 魚の串 ゆっくら ゆっくり
ゆつけおび(ゆつこび) 背負い帯 よいっぱか ゆい(相互作業)
よこっちょ 脇の方、脇のあたり よせっこ
よっぱら 沢山 よっぴで 夜通し
わ行
方言 意味 方言 意味
わすらする もてあそぶ わたまし(わたまわし) 新築祝い
わっこ